ペリー艦隊の来航

嘉永6年(1853)6月3日、米国東印度艦隊来航の瞬間から、幕末の風雲動乱の時代が始まりました。

幕末動乱のコーナーに戻る

新選組コーナー 金沢の歴史 金沢の歴史年表
戦国乱世のコーナー 金沢の歴史よもやま ホームへ戻る

ペリー艦隊の二度の来航  嘉永6年(1853)、翌7年(1854)
■嘉永6年6月3日(陽暦1853年7月8日)、アメリカの使節ペリーが黒船(黒い塗装の軍艦)4隻を率いて江戸湾の入り口浦賀沖に現れました。
 ペリーは黒船に護衛させた測量艇を江戸湾深く侵入させて江戸城の老中たちを威嚇。久里浜において、浦賀奉行に修好通商を求めるフィルモア大統領親書を受け取らせ、再来を約して12日に退去しました。

 日本を去ったペリーは香港へ戻り、翌年1月16日(陽暦2月13日)、軍艦7隻を率いて再渡来しました。江戸湾内深く航行して幕府に圧力をかけるペリーに浦賀奉行所は浦賀沖に戻るよう要求しますが、ペリーは頑としてゆずらず、横浜で交渉がもたれることになりました。
 アメリカ大統領親書の内容、「石炭・食料の供給と難破民の救助」は認めるが、「通商」はあくまでも拒否という幕府の回答を、ペリーは受け入れました。これ以上の無理強いを避けようとしたのでしょう。条約内に領事派遣の項目を入れることで、再交渉の余地を残し、3月3日(陽暦3月31日)日米和親条約が調印されました。
■フィルモア大統領の日本皇帝宛て国書  *日本皇帝とは徳川将軍のこと。
 「与が志、二国の民をして交易を行わしめんと欲す。是を以て日本の利益となし、また兼て合衆国の利益となさんことを欲してなり。与さらにペルリ提督に命じて、一件の事を殿下に告明せしむ。合衆国の船毎年角里伏尓尼亜より支那に航するもの甚だ多し。又鯨猟の為、合衆国人日本海岸に近づくもの少なからず。而して若し颱風あるときは、貴国の近海にて往々破船に逢うことあり。もし是等の難に遇ふに方っては、貴国に於いて其難民を撫恤(ぶじゅつ)し、其財物を保護し、以て本国より一舶を送り、救い取るを待たんこと、是与が切に請ふ所なり。日本国に石炭甚だ多く、又食料多きことは、与が會て知れる所なり。我国用ふる所の蒸気船は、其大洋を航するに当て、石炭を費やすこと甚だ多し、而して其石炭を亜墨利加より搬運せんとすれば、其不便知るべし。是を以て与願はくは、我国の蒸気船及び其他の諸舶、石炭食料及び水を得んが為に、日本に入ることを許されんことを請ふ。」
■ペリー Matthew Calbraith Perry 1794〜1858
 アメリカ海軍軍人。1794年、北部のロードアイランド州で海軍一家の三男として生まれました。
 1821年の英米戦争に従軍。1837年、アメリカ初の蒸気軍艦フルトン2世号の艦長となる。
 1846年の対メキシコ戦争ではメキシコ湾艦隊副司令官として指揮をとる。
 1852年東インド艦隊司令長官に補され、日本派遣特派使節を兼任しました。帰国後「日本遠征記」を著しました。

■4隻の艦隊は、旗艦サスケハナ号(2450トン)、ミシシッピ号(1692トン)の2隻が蒸気軍艦。サラトガ号(882トン)、プリマス号(989トン)が帆走軍艦です。
「黒煙を上げて進む4隻の巨艦」「ペリーは蒸気軍艦4隻を率いて」などと書かれた本を見ますが、誤りです。4隻の内、蒸気軍艦は2隻で、黒煙を吐くのも2隻です。
 翌年の来航時は7隻の艦隊で、旗艦ポーハタン号(2415トン)以下、サスケハナ、ミシシッピ両蒸気軍艦と帆走軍艦4隻です。
■ペリー艦隊の日本までの航路
 私は近年まで、ペリーは太平洋を横断してやって来たものとばかり思っていました。アメリカ東海岸から大西洋を横断してアフリカ南端を回って来たのですが、蒸気船では途中の石炭補給地がなくて、太平洋横断ができなかったのですね。
 合衆国東海岸のチェサピーク湾ノフォークを出航したのは1852年11月24日(嘉永5年10月13日)。大西洋のマディラ島、セントヘレナ島からアフリカ南端のケープタウンを回り、セイロン、シンガポール、香港、上海、琉球、小笠原諸島に寄港し、相模浦賀沖に碇泊したのは1853年7月8日午後5時頃。
 ペリーは日本との交渉と共に、小笠原諸島を調査。日本からの帰路に、琉球に寄って貯炭所を設置しています。交渉が不調に終わった時は小笠原諸島を占領する計画だったそうです。太平洋横断航路の開発のために、石炭補給地を見つけ、貯炭所を確保するのがペリーの主任務のひとつでした。
■ペリー艦隊は突然日本に現れたのではなく、アメリカは前年にオランダ政府に対して、艦隊派遣の斡旋を依頼し、長崎のオランダ商館長を通して幕府に連絡していたそうです。
「近くアメリカが日本に艦隊を送る準備をしている」という情報に対し、幕府はなんら対策を取ることなく、老中の間で握りつぶし、外交担当者にも知らせなかったそうです。危機管理能力の欠如、平和ボケ。これは現代でも言えることです。危機管理能力の欠如は日本人の特性なのでしょうか?
■ペリー提督を応接したのは浦賀奉行所の2名の与力中島三郎助と香山栄左衛門です。中島は同僚の香山栄左衛門を奉行であると詐称して応接しました。彼らはアメリカ側に好印象を持たれました。しかし、上司や同僚からねたまれ、交渉をやりとげると、アメリカ人に内通しているからだと噂を立てられたそうです。
■日米和親条約は、アメリカ船への補給と遭難船員の保護という内容でしたが、後の安政5年(1858)に締結される日米修好通商条約は本格的な通商条約です。そしてほぼ同内容の条約がイギリス・ロシア・フランス・オランダとの間に結ばれました(安政の五カ国条約)。この時から日本は国際社会の中に否応なく入り込むことになり、「国際法」というものが諸国家間にあることを知ったのでした。

日米和親条約  安政元年3月3日(陽暦3月31日) 神奈川(横浜)で調印。神奈川条約ともいう。

第一条) 日本と合衆国とは、其人民永世不朽の和親を取結び、場所人柄の差別これ無き事。(日本と合衆国とは、永久に変わることのない和親条約を結び、場所や人物で差別をしないこと。)

第二条) 伊豆下田、松前地箱館の両港は、日本政府に於いて、亜墨利加船薪水食料欠乏の品を、日本にて調ひ候丈は給し候為め、渡来の儀差し免(ゆる)し候。(伊豆の下田と松前の箱館の二港は、日本政府がアメリカ船の薪水食料など欠乏品を日本が調達した分を供給するので渡来を許可する。)

第五条) 合衆国の漂民其他の者ども、当分下田・箱館逗留中、長崎に於いて、唐・和蘭人同様閉籠め窮屈の取扱之無く、下田港内の小島周りおよそ七里の内は、勝手に徘徊いたし、(後略)(合衆国の漂流民が下田・箱館に滞在中は、長崎の中国人・オランダ人のように閉じこめて窮屈な扱いをしないで、周囲7里は自由に行動できるようにすること。)

第八条) 薪水、食料、石炭ならびに欠乏の品を求る時には、其の地の役人にて取扱すへし、私に取引すへからさる事。(薪水・食料・石炭および不足品を求める時は、その土地の役人が取り扱い、私的に取引しないこと。)

第九条) 日本政府、外国人え当節亜墨利加人え差免さず候廉相免し候節は、亜墨利加人えも同様差免し申すべし。右に付、談判猶予致さす候事。(日本政府が、アメリカ以外の外国人に、アメリカ人に許していないことを許可する場合は、アメリカ人にも同じように許可すること。この件については交渉に時間をかけないこと。)

第十一条) 両国政府に於いて拠(よんどころ)無き儀之有り候模様により、合衆国官吏のもの下田に差置候儀も之有るべし。尤も約定調印より十八ケ月後に之無く候ては其儀に及ばず候事。(日米両国政府において、やむを得ない事態が生ずれば、合衆国の役人を下田に駐在させることもある。もっとも、約定調印から18ケ月後でなければならない。)
■参考文献 「時代をとらえる新日本史史料集(桐原書店)」「詳説日本史史料集(山川出版社)」