大政奉還と王政復古

幕末動乱のコーナーTOPへ

新選組コーナー 金沢の歴史 金沢の歴史年表
戦国乱世のコーナー 金沢の歴史よもやま ホームへ戻る


 大政奉還  慶応3年10月14日(陽暦1867年11月9日)
【大政奉還の上奏文】
 臣慶喜謹て皇国時運の沿革を考候に、昔し王綱紐を解き相家権を執り、保平の乱政権武門に移りてより、祖宗に至り更に寵眷を蒙り、二百余年子孫相受、臣其職奉ずと雖も、政刑当を失ふこと少なからず。今日の形勢に至り候も、畢竟薄徳の致す処、慚懼に堪へず候。況や当今外国の交際日に盛なるにより、愈朝権一途に出申さず候ては、綱紀立ち難く候間、従来の旧習を改め、政権を朝廷に帰し奉り、広く天下の公議を尽し、聖断を仰ぎ、同心協力、共に皇国を保護仕候得ば、必ず海外万国と並立つべく候。臣慶喜国家に尽す所、是に過ぎずと存じ奉り候。去り乍ら猶見込の儀も之有り候得ば、申聞くべき旨、諸侯え相達置候。之に依て此段謹て奏聞仕候。 以上  慶喜


■第15代将軍徳川慶喜が天皇に提出した大政奉還の上奏文を要約すると、
「今日の時勢に至ったのは私の不徳のいたすところで恥じ入るばかりです。最近は外国との交際が盛んになり、政権がひとつにならないと秩序が保てなくなりました。政権を朝廷に返しますので、広く天下の議論をつくして天皇の決断をあおぎ、協力しあってゆけば海外の国々と肩を並べられるようになるでしょう」という意味です。
 難しい言葉が並んでいますが、漢字をながめているだけでも、なんとなく意味がわかるものですね。


 京都二条城。二の丸御殿(国宝)。
慶喜が大政奉還を発表した大広間、蘇鉄の間、黒書院、
白書院。廊下や天井、襖絵など重厚な迫力があります。

■慶応3年6月、京都で薩摩と土佐のあいだに会談がおこなわれました。
 この薩土会談で土佐の後藤象二郎が、薩摩の小松帯刀、西郷吉之助(隆盛は明治後の名前)、大久保利通を前に「武力倒幕は時期尚早である」として大政奉還の構想を展開しました。
「王政復古の必要性。大政奉還と将軍の辞職。諸藩による上下二院からなる議事院の設立」などの内容です。薩摩側にとっては反対するべき理由がありません。また後日、幕府の若年寄格の永井尚志は、後藤を招いて「一和して立国の基本、万国へ対して恥じぬように成るべし」とする大政奉還論に賛意を示し、理解者になりました。

 後藤象二郎は京都を発ち、土佐に帰って老公山内豊信(容堂)に謁見。大政奉還の進言をしました。この時、山内豊信は「よくぞ申した」と膝を叩いて進言を採用したといわれます。
 山内豊信は幕府と薩摩の対立が深まってゆく時勢を憂い、武力倒幕の声が高まるのを不快に思っていたのです。薩長と幕府が交戦状態に入ったなら、土佐藩内の倒幕派(のちの板垣退助こと乾退助、小笠原唯八、谷干城ら)は薩長に同調し、佐幕派(土佐藩の主流)と対立して藩内が分裂することになります。薩長の挙兵を止め、藩の分裂をふせぐためにも、「武力を用いず、大政奉還を実現し議事院を創設する」という土佐藩の方針が決定されました。

 いっぽう、薩摩の西郷吉之助と大久保利通たちは、土佐藩の大政奉還論が失敗するのを望んでいました。幕府が大政奉還を拒絶するだろうと信じていたのです。拒絶を理由に幕府と手を切って挙兵する決意だったのです。
 現実問題として武力倒幕に挙兵することは危険な賭けであり、幕府との戦いに敗ければ薩摩藩は滅びてしまいます。藩内には、薩摩は実力をそなえた雄藩であり、わざわざ率先して危険を冒す必要はない、とする反対論もありました。そういう反対論を押さえるために、西郷、大久保たちは後藤象二郎の大政奉還論に同意をしたのです。つまり当初は、大政奉還に失敗することで挙兵の名目を得ようとしたのです。

 10月3日、土佐藩が幕府に建白書を提出しました。将軍徳川慶喜はこの建白を容れ、大政奉還がおこなわれることは時間の問題とされるようになります。しかしこの時期になると、幕府が大政奉還をしようがしまいが、薩摩にとってどうでもよくなっていました。
 幕府が大政を奉還し将軍を辞めることは、諸大名に対する拘束権もなくなることで、むしろ好つごうでした。そして、早急に「討幕の密勅」が必要とされたのは、大政奉還による倒幕の名分を失うことの対策ではなく、薩摩藩内の挙兵反対派に対するためだったのです。天皇の権威で反対派を説得し、討幕挙兵に藩論を統一するのが目的でした。

 慶応3年10月13日「討幕の密勅」
 翌14日、徳川慶喜が「大政奉還」を上表。

「大政奉還」で武力倒幕派が挙兵の名分を失い、慶喜に機先を制されたというのではなく、「討幕の密勅」と「大政奉還」、どちらが前後しようと薩摩の倒幕派にとってはどちらでもかまわなかったのでしょう。定説?では「討幕の密勅」は、「大政奉還」で倒幕の名分を失ったために出されたといわれますが、それならば「大政奉還」が上表された後に出されるはずですね。
 討幕の密勅 慶応3年10月13日(陽暦1867年11月8日)

【討幕の密勅】
 詔す。源慶喜、累世の威を藉り、闔族の強を恃み、妄りに忠良を賊害し、数王命を棄絶し、遂に先帝の詔を矯めて懼れず、万民を溝壑に擠して顧みず、罪悪の至る所、神州将に傾覆せんとす。朕今民の父母たり、是の賊にして討たずんば、何を以てか上は先帝の霊に謝し、下は万民の深讐に報ぜんや。此れ朕の憂憤の在る所、諒闇にして顧みざるは、万巳むべからざるなり。汝宜しく朕の心を体し、賊臣慶喜を殄戮し、以て速かに回天の偉勲を奏して、生霊を山岳の安きに措け、此れ朕の願、敢て惑懈すること無かれ。 奉
 賊臣慶喜を殄戮・・・賊臣慶喜を殄戮(てんりく・殺しつくすという意味)。慶喜を殺せという過激な言葉です。

■慶応3年10月13日、薩摩の島津久光・忠義父子にたいして討幕の密勅が下りました。また、長州の毛利敬親・定広父子に対して官位が復旧されました。翌14日毛利敬親・定広父子にも討幕の密勅と、両藩主父子に松平容保と松平定敬を討伐する命令書が下りました。
 長州の毛利敬親・定広父子に、密勅が下る前に官位が復旧されているのは、それまでは朝敵とされていて、謹慎状態にあったからです。

■「討幕の密勅」は岩倉具視の側近にあった玉松操(たままつ・みさお。優美な名前ですね)という人が起草したそうです。偽勅と言われていますが、この「討幕の密勅」は薩摩長州藩内の挙兵反対派に対する説得のほかに、偽勅という一種の犯罪行為に参加することで仲間内の結束を強化する(暗黙の共犯意識)効果があったそうです。
 王政復古の大号令  慶応3年12月9日(陽暦1868年1月3日)

【王政復古の大号令】
 徳川内府、従前御委任ノ大政返上、将軍職辞退ノ両条、今般断然聞シ召サレ候。抑癸丑以来未曾有ノ国難、先帝頻年宸襟ヲ悩マセラレ御次第、衆庶ノ知ル所ニ候。之ニ依リ叡慮ヲ決セラレ、王政復古、国威挽回ノ御基立テサセラレ候間、自今、摂関・幕府等廃絶、即今先仮ニ総裁・議定・参与ノ三職ヲ置レ、万機行ハセラルベシ。諸事神武創業ノ始ニ原キ、縉紳・武弁・堂上・地下ノ別無ク、至当ノ公議ヲ竭シ、天下ト休戚ヲ同ク遊バサルベキ叡慮ニ付、各勉励、旧来驕懦ノ汚習ヲ洗ヒ、尽忠報国ノ誠ヲ以テ奉公致スベク候事。

■将軍慶喜の大政奉還により、政権が天皇に移管されました(将軍職の辞表を出したのは10日後の10月24日)。しかし大政奉還に反対する会津藩、桑名藩や旧幕府勢力の強硬な幕府権力奪還の動きもあり、次の新政権に慶喜が擁立される可能性が高かったのです。それを完全に排除するために出されたのが「王政復古の大号令」です。

 11月末、薩摩藩主島津忠義(島津久光は忠義の父)の率いる約3千の兵が上京。長州藩兵約2千5百も12月初めには摂津西宮と備後尾道に到着しました。
 12月9日朝、薩摩、安芸、越前、尾張(遅れて土佐も)の藩兵が宮中に入り、それまで宮門の警備に就いていた会津、桑名の兵を追い払って各要所を固めました。
 五藩の兵に守られた宮中の学問所に親王、公卿の他、薩摩、安芸、越前、尾張、土佐の諸侯を集め、明治天皇(15歳)が王政復古の大号令を下しました。
 摂政、関白、幕府の廃止が明示され、加えて五摂家、門流、議奏、武家伝奏の廃止ならびに守護職、所司代の廃止が布告されました。
 幕府(徳川慶喜)、京都守護職(松平容保)、京都所司代(松平定敬)が正式に廃止され、新設された「総裁・議定・参与」の三職には徳川慶喜の名前はありませんでした。

 同日夜、小御所において初めての三職会議が開かれました。席上、岩倉具視と大久保利通(参与)は徳川慶喜の辞官納地を主張し、山内豊信(容堂)、松平慶永(春嶽)と対立。会議は紛糾して深夜におよびましたが、慶喜に辞官納地を命ずることが決定されました。
 辞官納地・・・慶喜の内大臣の官位辞退・領地返上

 一方的に御所警備の任を解かれ、追い払われた会津・桑名藩兵や在京の幕臣たちが二条城に集まり激昂しました。彼らは口々に「薩摩を討つべし」と騒ぎましたが、徳川慶喜は激発しようとする会津や桑名の兵をなだめすかし、大坂城に退(ひ)き下がりました。
 この時慶喜の下には幕兵5千余、会津3千余、桑名1千5百余、合わせて約1万の兵がいました。大坂湾には榎本武揚が率いる軍艦開陽もあり、志気も高く、兵力も充分にあったのに慶喜は武力討薩に出ず、大坂に退き下がったのでした。

 薩摩の大久保利通は、慶喜が抵抗もせず、あまりにあっさりと大坂に退いたので驚きました。
大久保は戦いに敗けることまで計画に入れていて、その時は天皇をつれて広島あたりまで逃げるつもりだったそうです。

 総裁・議定・参与の三職
総裁
 有栖川宮熾仁親王
ありすがわのみや・たるひとしんのう)
議定
 皇族・公卿・諸侯から10名
 中山忠能
 正親町三条実愛
 中御門経之
 仁和寺宮入道純仁親王
 山階宮晃親王
 徳川慶勝(尾張大納言)
 松平慶永
(越前宰相)
 浅野茂勲
(安芸少将)
 山内豊信
(土佐前少将)
 島津忠義
(薩摩少将)
参与
 公卿・諸藩代表者20名
 大原重徳
 岩倉具視
 
万里小路博房
 
長谷信篤
 
橋本実梁
 尾張藩(3人) 
 越前藩(中根雪江ら3人) 
 芸州藩(辻将曹ら3人) 
 土佐藩(後藤象二郎ら3人) 
 薩摩藩(西郷、大久保ら3人)