織田信長について
                      ■ 戦国乱世のコーナーTOPに戻る

 はじめに Contents
■私と信長の出会いは、司馬遼太郎さんの傑作小説「国盗り物語」を読んだときです。他にも「新史太閤記」「尻啖え孫市」などに、司馬さんは信長を印象的に登場させています。
 もちろん小説ですから、司馬さんが創造した人物像ですが、実際の信長もこうだったのかと思わせるくらい生き生きと描かれています。
「国盗り物語」は斎藤道三、織田信長、明智光秀を中心に多彩な人物が登場して、戦国歴史小説のおもしろさを堪能させてくれます。斎藤道三編と織田信長編の2部構成になっていて、あとがきによると、斎藤道三編だけで終わる予定だったのが、編集部の要請で織田信長編を書き続けることになったそうです。

■若い頃の信長は領民や家臣から「うつけ」と呼ばれ軽蔑されたそうですが、私は疑問に思っています。例えば、今川義元の大軍が尾張に攻め寄せた「桶狭間の戦い」。この織田家の危機にさいしての、家臣たちの結束団結をみると、けっして信長を「うつけ」と見ていなかったということではないでしょうか。
 主人が仕えるに値いしない無能者だった場合、家臣が団結して主人を追放することもあり得るという、家来が主人を選ぶ時代ですから、今川軍の侵攻を知った時点で、離反者が続出しても不思議ではないと思います。
 うつけ・・・うつけとは「ばか者、愚か者」という意味ではなく「常識はずれの者」という意味だそうです。

 信長は延暦寺焼討ちや一向一揆大虐殺など、恐ろしい人物ということが強調されますが、それは敵対するものは許さないという激しい性格からくるもので、単に冷酷で残忍なだけだったら、家臣は誰もついてこないでしょうし、天下布武の理想の実行など到底できないのではないでしょうか。かといって、荒木村重や明智光秀が叛逆したことを考えると、やはり酷薄な性格が家臣に疑心暗鬼を起こさせたのだろうなと思ったりします。信長にしてみれば「大恩を与えて取り立ててやったのに、仇(あだ)で返すのか?」と理解できなかったかもしれないですけど。
 うつけ?革命家?独裁者?織田信長は複雑な人物ですね。そういう不可解なところが魅力なのでしょう。

 吉川英治さんの「新書太閤記」という大河ドラマ化された有名な小説があります。昭和10年代という戦時下に書かれたせいだと思いますが、信長の勤王が強調されていて、信長に抵抗する勢力は、本願寺も武田も毛利もすべて、信長の崇高な理想を理解せず、時代の流れが見えない愚か者であるとされている感じがします。
 信長を美化すること。天才性を強調し、過大視することや、信長中心史観は避けなければならないと思います。

■織田信長年表

■織田信長に関わる人物たち

■桶狭間の合戦

■長篠の合戦と本能寺の変 

現在の本能寺本堂(昭和3年再建) 京都市中京区。

 信長三男信孝が建立した信長公廟(右)と
 本能寺の変戦没者供養塔(左)  本能寺境内。

 織田信長の略歴
■天文3年(1534)5月11(12)日、信長は尾張勝幡城で織田信秀の嫡男として誕生した。
 父信秀は尾張の下四郡(愛知郡、知多郡、海東郡、海西郡)を領する守護代織田大和守達勝に仕える奉行のひとりで、海東郡の勝幡に居城を置いていた。
 若年の頃の信長は行儀が悪く、常識はずれの外見や行動から「大うつけ者」と呼ばれた。幼名は吉法師。天文15年(1546)に13歳で元服し三郎信長と改める。(三郎とは三男の意味。ルイス・フロイスは信秀の第二子だと書いていますが、信長には妾腹の兄が二人いる)
 同17年(1548)美濃の斎藤道三の娘濃姫(帰蝶、鷺山殿)と結婚。同20年(1551)父信秀の死により18歳で家督を継いだ。
 永禄3年(1560)今川義元を桶狭間で破り、徳川家康と同盟する。永禄10年(1567)美濃を攻略。井ノ口を岐阜と改め本拠地を移すとともに、「天下布武」の印を使用し始め、天下統一を目指した。
 天正元年(1573)将軍足利義昭を追放して室町幕府を滅亡(実際は追放された後も義昭は将軍であり、幕府の滅亡というのは不正確な表現です)させ、浅井・朝倉氏、越前一向一揆、武田氏など当面の敵を次々に撃破。
 天正4年(1576)に近江の琵琶湖畔に安土城を築いて本拠地とする。中国地方攻略を進めていた天正10年(1582)、部将明智光秀の謀反により本能寺で自刃。享年49歳。

 信長に会見したポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、
「彼は中くらいの背たけで、華奢な体躯であり、髭(ひげ)は少なくはなはだ声は快調で、極度に戦を好み、軍事修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。彼は自らに加えられた侮辱に対しては懲罰せずにはおかなかった。幾つかのことでは人情味と慈愛を示した」と人物像を書き残しています。(「完訳フロイス日本史」中公文庫)
 推定身長は166センチ。体重は62キロ。ひ弱な体格ではなく、筋骨たくましく健脚だったようです。
 天下布武とは
■永禄10年(1567)11月、稲葉山城に入城し尾張・美濃を平定した信長に対して、正親町天皇から綸旨が下されました。
「今度国々、本意に属すの由、武勇の長上 天道に感応す、古今無双の名将、いよいよこれ乗り勝つられべく条・・・」「尾張・美濃の平定はめでたいことだ。さすがに天も感応する古今無双の名将である。はやく京に上って来て朝廷を助けるようにしなさい」という内容です。

 天皇から天道に感応する古今無双の名将と褒められた、この時から信長は「天下布武」の印判を使用し始めました。
「天下布武」とは「天下に武を布(し)く」と読み、「武力で日本全国を制覇する」という意味に思いがちですが、「武」は「武力」ではなくて、「七徳の武」のことです。
武の七つの目的を備えた者が天下を治めるにふさわしいのである」という「春秋左氏伝」が出典の言葉です。天下とは、日本全土という意味ではなく、もっと大きな、この世の中ということです。
 信長は、天に任されて世の中に武を布くのは自分だ。徳を以て世を治めると豪語したのですね。
 七徳の武・・・武とは、暴を禁じ、戦をやめ、大を保ち、功を定め、民を安んじ、衆を和し、
    財を豊かにする、という七つの徳を持つものである、とされます。
           「春秋左氏伝(上) 宣公十二年、岩波文庫の454ページを参照」

天下布武の
印判
(天正3年)
「武」という漢字の意味は、現代では「戦力、武力、武芸、軍事」として使われていますが、もとは「戈(ほこ)を止(と)める」という意味です。武器を持って戦うことをやめるということです。また「戈」はまたぐ、「止」は進むことで、一歩ふみ出すことであるともいわれます(漢和辞典を繰ってください)。

「岐阜」という地名は沢彦宋恩(たくげんそうおん。政秀寺開山)が、「岐山から起こって天下を平定した周の文王」の故事にならって命名しました(近年、岐阜命名は沢彦ではなく、策彦周良だという説があります)。
「天下布武」の四文字も沢彦が贈ったもので、信長は自分の理想に合う言葉であるといって喜んだそうです。信長の周囲には沢彦のような中国古典籍に造詣が深い人物がいたのであり、武の意味も当然すぎるほどに知っていたはずです。
 信長は「天」にこだわりを持っていたといわれます。「天下の儀、何様も信長に任せられ置くの上は」「天下の御静謐の条」など、信長の文書中には「天下」の文字が多く見られるそうで、また安土城の「天主」(天下の主)や、信長が改元させた元号の「天正」(天下を正す)など、「天」を常に意識していたようです。
 信長と「敦盛」

「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり。一度生をうけ滅せぬ者のあるべきか。これを菩提のたねと思い定めざらんはくちおしかりし次第ぞと・・・」
 幸若舞曲の「敦盛」は素材を平家物語から取ったもので、一の谷合戦で平敦盛の首を討った熊谷直実が無常を感じて出家する話です。
 無常とは、はかないからこそ美しく、そこに本質があるという考え方。信長はこの無常観を持っていたようですね。「敦盛」がお気に入りだったらしく、特に「人間五十年・・・」のくだりが好きだったといわれています。
 
無常とは仏教語で「この世のすべての物は常に変化し、永久不変のものは一つもないということ。はかなさ」

 ある時、武田信玄が天沢という僧に信長の人となりを尋ねました。天沢は信長の日常は馬に乗ったり鉄砲の稽古など、武芸が中心だと語りました。そこで信玄が、特に信長の好きな趣味は何かと尋ねると幸若舞が趣味だと答えました。しかしその幸若舞も「人間五十年」の一つおぼえで、こればかりやっていますと言うと、信玄は「異なものをお好きじゃな」とあきれた様子だったそうです。

 織田信長関連書籍
 タイトル  著者 出版社/価格  内 容
国盗り物語
  (全4巻)
司馬遼太郎 新潮文庫
 平均
 ¥657
斎藤道三と信長の生涯を描く。これは小説ですから、登場する信長像は司馬さんの創り出した信長です。司馬さんの文章は、スラリと頭に入ってきて読みやすいですね。戦国歴史小説の名作。
信長公記
 しんちょうこうき
奥野高広
岩沢愿彦

   校注
角川
ソフィア文庫
 ¥920
織田信長研究の基本書である太田牛一の著「信長公記」を読み下し文にして、振仮名・脚注を付けたものです。他にも各種出版されていますが、この版が内容と価格的に最も良いと思います。ただ印刷がうすくて読みづらいです
織田信長のすべて 岡本良一 編 新人物
 往来社
 ¥2200
信長の出自、信長の領国経営、城下町政策、信長と茶の湯・南蛮人、など。
合戦事典や家臣事典、年表も載っています。
考証 織田信長事典 西ヶ谷恭弘 東京堂出版
¥2800
「信長の人間像」「信長の戦略と築城」「織田家と信長の一族」「織田軍団と本能寺の変」など。「天を目指す理想主義者」であった信長の参考書。
織田信長合戦全録 谷口克広 中公新書
 ¥840
「桶狭間から本能寺まで」というサブタイトルのとおり、信長が関係した全合戦の解説。資料として重宝するでしょう。
信長の親衛隊 谷口克広 中公新書
 ¥740
馬廻り、近習、小姓など信長の側近について解説。巻末に人名事典も付いています。文章が読みやすく、おもしろい本です。
信長軍の司令官
 部将たちの出世競争
谷口克広 中公新書
 ¥780
信長軍の「方面軍司令官」たち。信長の軍団編成と構成員の顔ぶれを解説。「信長の親衛隊」と共に信長家臣団の本です。
歴史群像シリーズ
戦国セレクション
 激震
織田信長
 − 学習研究社
 ¥1600
この本は内容ズッシリ、超オススメ花丸の一冊です。信長の軌跡から本能寺の変研究。写真やイラストも満載。このシリーズ中最高の一冊です。
信長の合戦 戸部新十郎 PHP文庫
 ¥800
桶狭間の合戦から長篠の合戦、本能寺の変までの八つの戦いの詳細と背景を紹介。
風雲児信長と
悲運の女たち
楠戸義昭 学研M文庫
 ¥680
信長の母、妻、姉妹、娘たちは、信長にどう関わり、どのような運命をたどったのか?
織田信長
 (全5巻)
山岡荘八 講談社文庫
¥621
山岡荘八さんの歴史小説は「徳川家康」が全26巻の超長編で知られますが、長くて手が出ません。この「織田信長」はその点、ちょうど良い長さです。山岡荘八さん独特のお説教臭さがありますが、面白い小説です。