失速

空に舞い上がったからと言って興奮して操縦桿を引いたまま飛行していると、最後には機体が飛び続けるために必要な速度を失います。翼上面を流れる空気量が極端に減ると飛行機は揚力を失い落下します。これが失速です。こうなると機体は揚力に今まで抑えられていた重力につかまってしまい、母なる大地との再会を不本意に迎えることにもなりかねません。失速に陥ったときには絶対に慌ててはいけません。とにかく操縦桿を中央の位置に戻して機体のなすがままに落下させます。操縦しょうとしても無駄なので、絶対になにも動かさないで下さい。機首は下がり地上を向き、すさまじい勢いで落下していくはずです。落下によって機体の飛行速度が回復すればエルロンやラダーなどの操縦面が使えるようになるので、速度が充分回復するまで機体を落下させます。速度が回復したら水平飛行に機体を戻します。この失速から立ち直る方法を何度か実際に練習する必要があります。失速は起こって欲しくない状況で起こることが多く(たとえば戦闘の真っ最中とか)、余裕のあるときに練習しておけば、いざというとき助かります。ただし、失速からの回復を練習するときは、必ず十分な高度をとってから始めてください。でないと・・・・・