水平飛行

これは非常に簡単なように思えます。基本的な操縦技術を理解しておけば、これは確かに簡単なものです。水平飛行というのは高度を変えずにまっすぐに飛行することですが、そこには色々な力が働いてバランスを保っています。この力のバランスのおかげでパイロットがそれほど機体を操作しなくても、機体は真っ直ぐに飛んでいきます。だからといってパイロットが全然操縦しなくても大丈夫ということではありません!また、機体の搭載物(武器、燃料、搭乗員の数など)によって機体の重心が変わると飛行高度に影響を与えるので注意が必要です。
機体のトリムを調整すれば、重心の変化による影響を相殺することができるので、トリムを使って機体の姿勢の調整を行ってください。操縦面の微妙な調整を行うと、飛行高度とバランスを一定に保ちながら飛行できます。例えば機体が少し左に傾き気味なら、操縦桿を使わなくてもCtrlキー+→キーを押して機体を右側に傾けて機体を水平にできます。機体が上を向いている場合は、燃料供給を少し抑えて上向きの姿勢を修正します。スロットルを閉じると速度が下がり、揚力が減るという説明を覚えていますか?これで調整できなければCtrlキー+↓キーを押して機首をやや重くします。少しトリムの調整を試してみてください。