ハイヨーヨーとローヨーヨー

ハイヨーヨーに面白い名前がつけられたのもわかりますが、その裏にある戦略はただならぬものがあります。
この機動は、空戦の相手が自分と同じ性能の機に乗っていることは稀である、と言う事実に基ずいて考案されています。もっと簡単に言うと、敵の背後をただ追いかけていけば射撃しやすい位置につける、と言う甘い考えは捨てろということです。敵は自分よりも機動性が数段優れ、俊敏な機体に乗っているかもしれません。その逆だと自分が有利なのは明らかですが、それで敵を簡単に撃墜できるかといえば、あいにくと必ずしもそうではありません。しかしヨーヨー機動を性格に行えば、速度や旋回性能に差があっても敵の背後に直接潜り込むことができます。これで空中戦の勝負は半分ついたも同然です。自分よりも速度がかなり遅い相手に対しては、ハイヨーヨーが効果的となります。というのも、もし、相手機の後方を単純に占位していると、速度の速いあなたは相手機の前方へ飛び出してしまい射程の的になってしまうからです。そこで、このような相手に対しては、戦術を改める必要があります。つまり、速度を殺すために、相手よりも長い距離を飛ぶようにするのです。ハイヨーヨーは、上昇することによって速度を制御できる方法で落とす機動法です。そして、目標を適切な射程内に捉えた時点で機首を落とし、高空から降下して襲い掛かるわけです。これにより、高度だけでなく、降下によって得られる速度という有利を獲得できます。したがって、別の攻撃機動を続けて行ったり、相手が取りえる防御機動に対応することも可能となります。もし高空からの一撃で始末できなかったとしても、相手を仕留められる確率は高まります。 ローヨーヨーは、自分より高速で飛行する敵に対して使うのが相応しい機動です。このローヨーヨーを行えば自分より速く飛ぶ敵に追いついて攻撃できる可能性があります。この機動を行うには、まず降下して加速します。降下することにより、敵の下に回りこんだ格好になり、自分は敵から見え難くなるか完全に見えなくなります。充分に敵に近ずき、ほぼ真下に回りこむことができたら、機体を急激に上昇させます。機体は充分に加速しているので、上昇を続けても速度が落ちすぎて敵に引き離されたり失速する前に敵を射程範囲に入れることができます。