ハイヨーヨーとローヨーヨー:バンク

バンク中にヨーヨー機動を実行すれば、自分より機動性の高い敵の背後に食いつくことも可能です。この場合も、できるだけ効率的にスペースを活用して自機の不利を補うというヨーヨー機動の基本を利用することになります。 自分の前を飛ぶ敵機を追いかけ、相手が旋回したら同じように自分も旋回を開始します。しかし、相手の後ろをただ追いかけて旋回する代わりに、操縦桿を引き、少しの間自分の機体を相手より高い高度に上昇させます。そうすると相手が一時的に見えなくなります。ここで機体をロールさせて若干きつめの旋回をすると、相手の旋回半径の内側に入り込むことができます。もし、相手がもう少し旋回を続けるなら、相手よりも自分が高く飛んでいることを利用して高空から不意打ちをかけたり、敵機のすぐ後ろにつくことができます。すべての手順を正しく行えば、この機動は確実に成功します。 もう一つの方法は、まず、自分の前の敵が旋回を始めたら、それに続きます。次に旋回しながら操縦桿を前に倒して飛行機を降下させます。このときスロットルを戻してスピードが出過ぎないようにします。そしてある程度長い距離を飛んでから操縦桿を引いて機体を垂直上昇させ、敵機が急旋回している半径内に割り込みます。敵から離れていくとすぐに敵の旋回半径に割り込みたくなります。しかし、そこを我慢すれば、敵のすぐ後ろにつき、最高の射撃位置につけるはずです。 実際のところハイヨーヨーとローヨーヨーは根本的に同じなので、ここが違うと明確に説明できる点がありません。ハイヨーヨーとローヨーヨーのどちらも同じ状況で使用でき、多くの場合どちらもまったく同じ結果になります。ハイヨーヨーとローヨーヨーは順序は違いますがどちらも急降下と上昇を行います。低速で飛行している時間が長いのでハイヨーヨーの方が旋回しやすいなど、それぞれの機体の持つ性能でハイヨーヨーを使うかローヨーヨーを使うか決まってきます。完璧な水平旋回を行うことは、ほぼ不可能ですから、もし敵機が上昇を始めたら、パイロットは普通ハイヨーヨーで対応します。敵が急降下を始めたとか、一般的に自分より低空にいる場合には、ローヨーヨーを使った方が良いでしょう。