高高度からの爆撃

戦車や対空砲、高射砲など、地上目標からの対空砲火を避けようとして高高度から爆弾を投下するのは、自分を守ると言う意味ではたしかに良い戦略ですが、あいにく爆撃の精度が低く、これを成功させるには高い技術と訓練が必要となります。対空砲火が届かない高高度からの爆撃が難しい理由は、機体のスピードを考慮しなければならないからです。投下した爆弾は真下に落ちていくのではありません。もともと機体に取り付けられていた爆弾は機体と同じ速度で飛んでいたため、爆弾を飛行機から切り離すということは爆弾を機体と同じ速度で投げるということと同じことなのです。つまり、自機が爆弾を投下したときの速度によって爆弾が流れていく距離が決まるのです。大型爆撃機には爆撃手が搭乗し、爆弾の投下地点を定め、爆弾を投下します。しかし、IL-2FBでは、あなたが自分でこの操作を行わなければなりません。試しに爆弾を投下してみましょう。標的が確認できたら、高高度で標的に近ずいていきます。標的に向かっていく間、F2かF7キーで外からの視点に切り替えても良いでしょう。標的の上空を通過するかなり前に爆弾を投下しないと、爆弾が標的に当たらないので注意してください。