急降下

自分の操縦している機体について熟知しているだけでなく、できれば敵の機体の性能も知っていると、この機動を行うときの役に立ちます。例えば、あなたの乗るBf-109がMiG−3に追撃されているとしましょう。あなたは自分の乗っている機体が多少のことではビクともしないほど頑丈で、追いかけてくる敵ソ連機が構造的に弱いことを固く信じて、機首を真下に向けます。それでも敵が追いかけてくるなら、急降下を続けます。急降下しているので、敵も自分もみるみる加速していきます。あなたの機に急降下の代償が発生するまである程度時間的余裕があるため、あなたは急降下を続けることができますが、機体構造が弱い敵は急降下の影響をこちらよりも早く受けるため、敵パイロットがまともなら、急降下をやめて攻撃を完全にあきらめ飛び去るか、または次のチャンスを待つでしょう。少なくともわずかの間はこれで敵を振り切ることができます。