キザトの作成です。


  ※雲平生地の材料は 砂糖+ 寒梅粉+お湯→よく時間を掛けて
  こねる→延ばす→成型→→乾燥 →→→完成 です。
  原料の寒梅粉は糯米を搗き薄く延ばして色を付けずに焼き粉末にしたものです。
  この寒梅粉を砂糖に少し混ぜ、こねるだけで砂糖餅の様になり、粘りがとても有
  り薄く 延ばす事が出来ます。
  この御菓子の呼び名は東京では雲平、京都では生(き)砂糖、金沢ではキザトと
  呼んでいます。 雲平(生砂糖)は江戸時代の元禄時代の頃からあった様ですが、
  明治時代に砂糖の品質が向上し明治23年第3回国内勧業博覧会に出品されて
  から大きな作品が作られる様になりました。手間が多く掛かる作業です。

よく捏ねる
赤白に組込む
裏と表を返し
延ばして行く
生地を休ます
ワゲの完成
延ばします
4つに分ける
笹の形にする
白を緑に巻く
薄く切り込む
笹の完成
組み込む用意
組み込み延す
裏返す
端から切る
波形に整える
波の完成

工芸飾り菓子
桃の花
牡丹
鎧兜
NHK利家とまつ