新幹線 1

         ちょうとっきゅうひかり号(72〜78年)             上が初期の窓枠シール張りです。下の後期
       右側が初期の窓枠シール張りで左側は後期             の塗装と比べて色が濃く、また動力の車輪
       で窓枠は塗装となっています                     も変更になっています

            ニューひかり号(78〜80年)                   ライト付きひかり号(79〜96年)
        連結器カバーが青色になっています                右側が初期の旧動力、左側が後期の新動力
        0系の中ではいちばん実車に似ている気がします        です。名前のとおりライトと連結器が光ります

        ライト付きひかり号30周年限定品(88年)          この中間車がプラスされて入っていた物です。
       ライト付きひかりニュー立体交差セットに中間車         プラレール誕生30年と記念文字が入っています
       が一両プラスされて入っていました

              ウエストひかり(98年〜)                  ライト付きひかり号(限定品 99年)
      ライト付きひかり号のリニューアルバージョンです          「アニバーサリーアルバム」に入っていた物です
                                             黄色い連結器カバーで登場しました

              ドクターイエロー(96年〜)               R/C東海道新幹線ひかり号(84〜86年)
       700系をベースとしたドクターイエローが登場したので      手前のコンとローラを使い発車、停車の操作が
       プラレールも、もうすぐ交代かもしれません           できるラジコンプラレールです。

        TVで遊ぼう!僕はプラレール運転手(01年〜)         これが後部車両です。プラレールとは思えないほど
       先頭車に小型カメラが内蔵されテレビ画面に映し出し、      超リアルな面構えです
       遠隔操作できるハイテクプラレールです   

         ライト付き東北上越新幹線(81〜92年)              R/C東北上越新幹線(84〜86年)
       雪国を走る新幹線のため実車同様スカートには         手前のコントローラを使って操作するプラレールでは
       スノープラウが付いています                     初めてのラジコンシリーズです

            ニュー200系新幹線(99年〜)               電動超特急ひかり号(限定品 99年)
       ライト付き東北上越新幹線のリニューアルバージョン       1970年代に販売されていた物の復刻版です。
       ですが、連結器カバーも塗装されています              親子で遊ぼう新幹線セットに入っていました

     ドクターイエローグリーンライン(01年 非買品)         横から見た物です。見えにくいですが連結器は黒色
    プラレール新幹線まつりで、くじを引いて当たった物です。       です。また、従来のドクターイエローに比べ車体の
    オリジナルバージョンで、連結器カバーは白に塗装され、       黄色は薄くなっています。個人的には黄色と緑色の
    見えにくいですが、ライトは青色です。また、スノープラウ       組合せが、マッチしてると思います

    も付いています