新幹線 2

            ニュー新幹線(85〜86年)                         新幹線(87年〜)
       旧動力でライトが点灯します。2年足らずの生産で        手前が文字箱で奥が現行品です。見えにくいですが
       姿を消しました                             スイッチの色が違うので2台並べてみました

            東北上越新幹線(90〜00年)                    200系H編成(01年〜)
       実車同様スノープラウを付けてほしかったです         ファーストトライセットみどりに入っていた物です。
                                           以前の物と比べると、緑が濃くなり中間車は2階建、
                                           先頭車のライトは黄色となり屋根は銀塗装となって
                                           います           
 

             のぞみ(92年〜)                            のぞみ(01年〜)
      
この、のぞみから色々なバージョンが登場しました        ファーストトライセットしろに入っていました。
                                            2両編成で屋根がグレーとなっています        

               のぞみ(96年)                       これが1両プラスされていた車両です
       のぞみ号ループセットに1両プラスされて入っていた
       物です。やはり4両だと新幹線らしいです

           人形あそびのぞみ号(93〜96年)                音声指令のぞみ号(96〜97年)
       運転手と男の子が乗って走る。そのため2両目に        手前のコントローラに喋る事により発車、停車を
       電池を入れるようになっています                  繰り返します。車輪の色が黄色となっています

      赤外線コントロール未来のぞみGO!(99年)     ぼくがうんてんするスーパーひかり号セット(89年)
      奥のコントローラで前進、後進、スピード調整、ライト、      こちらも、奥のコントローラーでのぞみGO!と
      警笛、ポイント切換と、まさにハイテクのぞみ号です。      同じ操作ができます。ただポイントはありません。
      後進の為でしょうか、3輪駆動となっています           この車両も、3輪駆動となっています

           スーパーひかり号(90〜96年)                    WIN350(95年〜)
       300系のぞみを開発するため試作された車両です        500系新幹線開発のための試験車両です。
                                            先頭車と後部車の顔が違います      

             500系新幹線(97年〜)                     500系新幹線(限定品 00年)
       この新幹線はよくセットに入っているのでもう           アニバーサリーアルバムに入っていたものです。
       何編成も車両基地にあります                    こちらの方がよりリアルな塗装です

                500系新幹線                        リニアモーターカー(90〜97年)
        上の2編成を2ショットで並べてみました            本物は車輪がないのでプラレールの車輪も透明
                                           と、なかなか考えてあります