内科・アレルギー科

アレルギー性疾患(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、じんましんなど)

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症など)

●風邪、気管支炎、胃腸炎などの急性疾患、などの診断、治療に力を入れております。



アレルギー性疾患

日常の診療で扱うアレルギー性疾患としてはアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎やアトピー性皮膚炎、じんましん、それに気管支喘息など多くのものがあり、最近では長く続く咳などもアレルギーの関与があると考えられています。

当院ではこれらの疾患の診断、治療及び管理には特に力を入れており、患者さんお一人お一人と充分にお話させて頂き、「アレルギーの無い人と同じ生活」を目標として診療を行っております。



生活習慣病

生活習慣病とは遺伝素因に加えて喫煙、過食、過度の飲酒、運動不足あるいは不規則な生活時間などの日常のよくない習慣を続けることで起きる病気で糖尿病、高脂血症、高血圧症などがその代表です。

これらはいずれも自覚症状が乏しく、知らないうちに主に全身の血管をいためて最終的には脳や心臓などの重要臓器の病気を引き起こして命までも危険にさらすものです。

最近はお薬も非常によいものが出ていますが治療としてやはり生活習慣の改善が重要です。

この場合も当然患者さんの社会的、家庭的な立場も熟慮して患者さんと一緒に「健康的で価値を見出せる人生」を考えていきたいと思います。



急性疾患

われわれ開業医には急な発熱、腹痛などで受診される場合も多いと思います。

当院でもいわゆる風邪、気管支炎、胃腸炎や各種慢性疾患の急性悪化などの診療機会もかなりあります。

当院では急に具合の悪くなった患者さんが少しでも安静を保てますように休息するスペースも広めに確保し、また入院の必要な際には近隣の病院としっかりと連携を取りできる限り迅速に対応しております。

「少しでもより早くより元気に」と願っています。