日本ダイヤコム工業株式会社

珪藻土左官材

MGポーダー

昔、「珪藻土・大騒動・大貧乏」という言い伝えがありました。
珪藻土の性能を知ると、その力に大騒ぎするが、その取扱いが難しく、
最後は貧乏をするという意味だったそうです。
珪藻土は火には強く軽いが、水には弱くもろい、
調湿・断熱性能に優れているが自ら固まらない。
この固まらない土を初めて建材として商品化したのが【MGポーダー】シリーズです。
魔法(Magic)のように、この珪藻土粉末(Powder)を固めたことが
「MGポーダー」シリーズの由来です。

内壁用左官材

● WSQ(白色珪藻土)

ホワイト

オフホワイト

アイボリー

● SQ(能登珪藻土)

ナチュラル

● SQ追加色(能登・秋田珪藻土)

バニラ

アッシュ

チャイ

● 特別色

イエロー

イエローオーク

グリーン

① 調湿・結露防止性/②脱臭・空気浄化性/③保温性/④断熱性/⑤防音・吸音性

SQには色粉は使用していません。自然の土の色を活かしているため、濃淡があります。

色については、実際の商品と異なって見える場合があります。

特別色、特別注文色は別途色粉代が発生します。

外壁・地下用左官材

● GQS(能登珪藻土)
外壁用左官材GSQシリーズ(能登珪藻土)使用例

水分を吸収し、毛細管現象により周囲に徐々に行き渡らせ、
湿気として放出します。
※下地がコンクリートの場合、内壁にも使用可能です。

珪藻土左官材 MGポーダー施工方法

① 下地処理

ジョイントや出隅入隅部分は、パテや寒冷紗で補強し不陸を直します。
その後下地に、水ひき調整の為プライマーを塗布します。

② 練り方

MGポーダー20kgに対し水を50%強加水し、ハンドミキサーで十分混練りします。

③ 塗り方

必ず下塗りの後、水引をみて上塗りをかけます。最後の調整として軽く押さえてください。

④ 仕上げ

MGポーダーは、現場で川砂や藁、スサ等を混入しテクスチャーを出すと珪藻土独特の質感が表現できます。

珪藻土左官材 施工上の注意

夏場や風通しがよく乾燥しやすい施工箇所では、遅延剤の混入やシートなどの養生が必要です。急激な乾燥はドライアウトやクラックの原因になります。

気温が異常に低いときの施工は避けてください。

施工中及び施工後4~5日は直接雨や雪等に当たらないように養生してください。